ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
こんばんは。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

釣行記:第22回榛名湖クリーン作戦(2003年6月15日 by関口)

ヤングマン高林さんの呼びかけにより、榛名湖をキレイに保ちたいと思う有志がエバラボートさんに集まりました。
PM1:00〜3:00の2時間、岸沿いを清掃してゆくとのことでしたので、私も参加させていただきました。
今月の初めに大規模な清掃があったようで道路沿いには空缶などのゴミがほとんどありませんでした。
しかし、岸沿いはタバコのフィルターやラインなどが結構落ちていました。
釣りをしているときはそんなに気にならないかもしれませんが(釣りに一生懸命で・・・)足元に意識を向けると ゴミあるなぁ と再認識させられました。
ゴミを捨てないよう啓蒙活動を行うとともに、実際に落ちているゴミを拾ってゆくという作業を並行して行うことの重要性に気づかされた1日でした。
「捨てるな!」というだけではダメなんですねぇ・・・。
榛名湖清掃に集う有志の方々。
ショップの方も参加されていて、意識の高さを感じました。
今後も清掃予定があるそうなので、その時は参加してみてはいかがでしょーか?
釣り人としてはキレイなフィールドでキレイな魚を釣りたいですもんね。

店長から一言

当日は、参加できなくてゴメンナサイ。
ホームページでは、あまりバス問題に触れるのはやめようと思っていたのですが、チョットだけ・・・。

みなさんも、感じているように、現在バスに関してはとても悪い方向に進んでいます。(リリ禁や駆除など、不当と思えるくらいに・・)

ボクも、釣りが好きで、釣具屋になったくらいですので、この状況をどうにかしたくて、いろいろなところに首を突っ込んできましたが、ある日フッと感じたことがあります。それは、例えば明日、バスの正当性やバスアングラーの権利が認められて、行政が、「今日からバスはOKです。バスを受け入れて、利用したい湖や河川は申し出てください。」となったとして、はたして、どれくらいのフィールドがバスを受け入れてくれるんだろう・・・?
つまり、いくらバスの正当性が認められも、バス(アングラー)を受け入れてくれるフィールド(地域)が無ければ、何の意味も無いということです。ちょっと遠回りな感じがするかもしれないけれど、バスが認められるその日までに、我々バスアングラーがフィールド(その地域の人たちに)認めてもらえるような人種になっていかなければいけないのかなぁ。そういった意味で、このような、清掃活動はとても大切なことだと思います。
高林さんは「榛名湖には特別な思い入れがあるんだよねぇ。別に一人でやってもいいんですけど、どうせやるなら・・・」とこの清掃活動を始めた理由を話していました。

ボクも特別な思い入れのある湖で、清掃活動をはじめてみようかな。




★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。