ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
こんばんは。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

大尻沼(トラウト)【2004年10月08日】
大尻沼に行ってきました。



”状況に応じてフライをセレクトする”ことなど、

まだできない私ですが、

それでも敢えてフライのみでチャレンジすることに。


今回は、9ft・#5〜6のロッド2本に#5のフローティング、

スーパーインターミディエイト、#6のタイプ気3タイプのラインを

用意しました。



「ドライで数尾釣れたらいいなぁ〜」などと考えつつ、

午前9時ごろ、釣り開始です。

大尻沼周辺の木々もほんのり色づきはじめた様子。

紅葉の見ごろは、もうちょっと先でしょうかね・・・。

ここは完全予約制でボートも12艘と限られているので

のんびり釣りができます。


ボート置き場のちょい沖でタックルをセットしていると、

ボート置き場付近でチラホラ波紋が・・・。


早速CDCカディス#16をライズしたあたりにキャストすると・・・

すぐに1尾釣れました。


ヒレが戻りつつあるレインボーでした。

とりあえず、アブレを免れホッとしていると、

またまたライズを繰り返すレインボーを発見!


魚の移動方向をチャックし、

その先にフライをキャストして待っていると、

ためらうことなく吸い込みました。



サイズは30cmくらいですが、色の鮮やかなレインボーでした。

立て続けに2尾釣ったところで気をよくして奥のポイントへ移動。

お客様の魚海さん、前川さんと合流。
2人とも”ぐるぐるX”や”マドラーミノー”で、すでにレインボーをキャッチ済みとのこと。


私は対岸に移動し様子を窺うことに。

するとヘラ鮒の大群に遭遇。「ここはダメかな?」と思いつつも

岸際の倒木の横で怪しい波紋を発見。「ヘラかも?」

しかし魚の気配がすれば、

何かしら投げたくなるのが釣り人の悲しいサガ・・・。


私も御多分に漏れずスケベ根性でフライをキャスト!

すると・・・なんとブラウンが釣れちゃいました♪

午前10時過ぎに本格的に雨が降り始め、

釣りへの影響が心配されましたが、その後もドライやソフトハックル、

マラブーなどで釣れました。

この日、私が使用した”CDCカディス”は、フライのエキスパートの人から教えてもらったもので、

私のようなタイイング初心者にも簡単に巻けるシンプルなフライですが、とても効果的でした。

ハッチしている虫を自分でチェックして、それにフライを合わせられたら、もっと楽しいんだろうなぁ〜。


この日は午後3時まで釣りをして、ブラウン1尾・レインボー9尾の合計10尾でしたが、きれいな景色の中で釣りができて、充実した1日でした。


★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。