ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
こんにちは。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

赤城フィッシングフィールド(トラウト管釣り)【2004年11月29日】

11/29(月)赤城フィッシングフィールドに、午後3時からの2時間勝負を挑んできました。



周りを木々に囲まれた赤城F.F.。
先日、お客様より「赤城F.F.、水質良好、魚爆釣、今スグ行かれたし」との情報を得ていた私は、
「マイクロスプーンで」の一言を聞いていたにもかかわらず、今回もまたベイト&プラグで来ちゃいました。
レンタルラバーネットをお借りして釣り開始。
パイプから出ている水の流れの中でセミをシェイク。するとセミの下に大きな影が・・・。

激しくバイト&フッキングするも、あえなくバラシ。
その後は反応するものの、ルアーを水中に持ち込むまでには至らず、ポイント移動。

流れ出しのポイントに移り、中央部へキャスト。

ポーズをとり、シェイク・・・
すると、ゆっくりプラグが吸い込まれたので、
かるく巻きアクセをくれるとロッドにグンッと魚の感触が!

すかさず追い巻きアクセをして完全にフッキング。

釣れたのはヒレピンのきれいなニジマスでした。
ここの魚のアベレージは40cmくらいで、引きが強く、とても楽しいです。

池をひょうたんに例えると、その”くびれ”の所へ移動。

あらあら、魚がいっぱい浮いています。

こういう時はルアーを長い時間見せるより、
早引きでルアーを追わせ活性を上げ
『オレにもよこせ状態』を
つくってあげると、
いいんだか悪いんだか釣れちゃいます。

もちろんあまりヤリ過ぎると飽きられちゃいますけどネ。

2時間ほどトップで押し通して、
バイトまあまあ、バラシぼちぼち、キャッチ結局4尾とあいなりました。

マイクロスプーンでは好調らしいので、
ルアーで赤城F.F.にチャレンジしようと考えている方は1.0g前後の
スプーンをお忘れなく!


★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。