ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
こんにちは。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

茨城県の野池(バス・フローター)【2005年05月02日 * Mon】

茨城県の野池でフローターを浮かべてきました。
ワタクシ、人生初のフローターです。今回、私に”フローターのヨロコビ
を教えてくださるのは栃木在住の辻さん達です。

そう たまたま、お2人とも苗字が”辻さん”なんです

パパ辻さんが以前から気になっていたという、水がきれいな野池に連れて行ってもらいました。


午前9時過ぎに野池に到着。



すでにボートやフローターが浮かんでいます。
フローターの準備をしている方に聞くと、

『減水ぎみでキビシめ、アベレージはそんなに大きくない』

とのこと。






ほんのりマイナスな情報を得たワタクシでしたが、
そうは言っても初めてのフローター体験・・・

空気とともに期待も抽入中。


フィンの付け方、エントリーの仕方などなどを、お2人に教わりながら、いよいよ釣り開始。



ぷかぷか浮かぶフローターの心地よさに早くもご満悦



「ワタクシ、カヌーを持ってますので、
フローターはやりませんのよ」

なんて、もう言いません。

あれ?
気がつけば2人はどんどん先へ・・・。

おや?
気がつくと、左足が冷たいんですけど・・・。

どうやらウェーダーに穴があいていた様子。


だけども問題は、
とりあえず、行きたいところへ行けないということです。

向きたい方向へ向けないということです。


ひとまず、釣りはおいといて、フローターに慣れるため、
奥のワンド目指して、ひたすら足をバタバタさせる
ワタクシなのでした。

奥のワンドは風の影響なく、穏やかな水面。



ペラチューン済のチビルスキャット(仮名称)を
岸ギリにキャスト。


ハンドル3巻き目くらいでルアーがスゥーッと水中へ・・・

静かなバイトを巻きアワセでフッキング。そしてキャッチ!
フローターでの初バスは、体色がキレイなカワイイヤツでした。
その後、1尾バラシた後、本家ダブルスキャットにチェンジ。

当店オリジナルプロップに、ほんのり本山風味を効かせた
身勝手チューンプロップ搭載のダブルスキャットにて、
本日2尾目をキャッチ。


ちょっぴり、サイズアップ↑
これもキレイなバスでした。

いわゆる ”トップウォータープラッキング” という面では、実にモノ足りないこのルアーですが
 (なんせ、ただ巻きこそすべて!のルアーですから・・・)
バスを惹きつけるチカラはモノスゴイ!!のです。

いまだに、何がイイんだか解からないのですが・・・。


風のあたるポイントへ移動。





午前中、辻さんがクワイエットファンクのオリジナル・フィーで

反応があったエリアを、今度はダブルスキャットで攻めてヒット!
タックルはローハイド&2500C。
一方、パパ辻さんはサウスベンドにフルーガー。



大きめのプラグに反応ナシのキビシイ状況の中、
ペンシルベイトにバイトさせたり、自作プラグを投げたりと
トップウォーターバッシングを満喫中。




そして最後にキッチリとバスをキャッチ。

ルアーはこれまたダブルスキャットでした。



3時間ちょっとの釣りでしたが、3人ともバスをキャッチすることができました。
案内&サポートしてくださった、お2人の辻さんに感謝!感謝!のフローター初釣行でした。



ちなみに、左足からの浸水は、昼過ぎに尻をつたい右足の方へ・・・
えーっ、ビショビショでした。なので、ノーパンにジーパンという
”小粋なオシャレさん” と化して、帰路についたのでしたとさ。


To be continued...

★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。