ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
おはようございます。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

三島湖(バス・フローター) 【2005年07月18日 * Mon】

date...  7/18 (月)

千葉県の三島湖に行ってきました。



7/18(月)千葉県の三島湖に行ってきました。学生時代によく行った湖です。
         友人I氏と一緒に、フローターで攻めることにしました。

典型的な『房総のリザーバー』
といった感じの三島湖に、午後1時到着。



10数年前のココの釣れっぷりはスゴイものがありました。


なんせ真っ昼間からテラー5/8ozやオリザラで
フツーに釣れてましたから。



なもんで、ワタクシ、今回もトップでシバってみました。

I氏は、最近お気に入りのスイングベイト用に1本と、トップ用に1本の二刀流で挑むことに。
なんだかモーレツに暑い中、フローターの準備をしていると、フローターを抱えて帰ってくる釣り人が・・・

話を聞いてみると「今日は渋いですねェ。
リトルスパイダーをフォールさせてやっと釣りました」とのこと。

「いえいえ、ココは三島湖。
そんなコトは無いと思うんだけどなぁ〜」と内心思いつつ、
午後1時半過ぎに釣り開始。


これから起きるであろう楽しい出来事に
ワクワクして満面の笑み・・・

しかしこの後、
今は平成17年で、10数年の歳月が確かに流れ、
あの頃とは違うのだということを、
イヤと言うほど思い知らされるのでした・・・。
オーバーハングの奥、
ナイスなポイントにルアーをキャストしても、
ウンともスンともコボッともバシャッともいいません。

一方、I氏はスイングベイトにチェイスありとのこと。
あらら、良型のバスをバラシたりもしてます。
しかし連発はしない模様。

フローターやアルミの方々に釣果を聞いても
“サッパリ”なんだとか・・・

釣れない釣りほどアツクなるってもんで、
気がつけば最上流部まで来ていました。


流れ込みが近いこともあり、水温がやや下がったみたい。
それにともない魚っ気が上がってるゾ。

いわゆるひとつの“釣れそうな雰囲気”ってヤツですハイ。



I氏がしきりに「オッ、食った!」とか
「ノラねぇ〜、ギルかなぁ?」など言っているので、

しばらく見ていると、ロッドティップが水中へ!

慎重にファイトをして、ようやくキャッチ。

スイングベイトのオジスペを食ってきたのは、
ちょっとヤセた40cmのラージでした。

喉の奥から蛍光ラインが出ていたので、
ワームか何かを飲み込んでいたんでしょう。

どうにも取れそうにないので、
しかたなくラインだけを切ってリリース。
その後もスイングベイトには反応がある様子。

結局5時間釣りをして、I氏1尾、ワタクシはアブレ・ロフノフスキー男爵とあいなりました。
好きな釣りのスタイルを貫き通してのアブレは“やりきった感”がもたらす清々しささえ覚えます。
(もちろん言い訳ですョ)

ともあれ、夢の中に生きがちな釣り人を、ものの見事に現実に引き戻してくれた三島湖なのでした。

To be continued...

★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。