ルアー、フライフィッシングの専門店、オジーズへようこそ!
ルアー、フライのことなら何でもお任せ。ozzysにある釣具は、しっかりと仕事をする本物たちばかり。
買取も実施中!
こんばんは。ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録
  • パスワード確認



釣行記

桧原湖(バス・トーナメント)【2006年09月10日 * Sun】


今回もプラとトーナメントを同時にお送りしま〜す。
今の桧原湖の減水はさらに進み2m50cm前後水位が下がり、危険地帯が増えているとのこと。しかも水温がこの時期にしては高く平均で25℃前後あります。水質もイマイチ。至るところに泡が出ている。ふぅ〜。一雨欲しいところっす。

 


今年は桧原湖トーナメントに付き物の雨とは全く無縁でこの日も朝からピーカン!

 今回のプランは前回と同じく水が悪い時は「シャロー!}っていうことでシャローを中心にチェック。さらに+αの要素としてインレットや湧き水をがあればさらに良しって感じす。

 まずは湖の南側から回ることに。「京ヶ森」、「雄子沢」、「入船ワンド」に入りますがシャローには小バスしかいない様子。一応、ハンプも押さえとしてチェックしますがベイトもマバラで何か違うって感じ。
 次に第1戦で重点的に釣りをした「双子島」に入り、ハンプを撃っていきますが写真のスモールなスモールしか釣れませんでした。どうも今回はハンプやフラットパターンじゃないような気がする・・・。でもなぁ〜、この時期の定番だし。どうしたらいいんだろう?こういう時に引き出しが少ないと辛いです、はい。

 


ハンプがダメならシャローってことで、シャローをクランク、スピナベのローテションで撃っていきますが
チェイスがあるけど結局1本も釣れず・・・。
 その後、「双子島」〜「月島裏」のどシャローをチェックしていくとところどころボーッと浮いている魚が見える。
ためしにエコスワンプのネコリグを進行方向に投げてみますが無反応。自分にはこういうサカナは釣れないんだよね。一応、シャローにサカナがいるってことを覚えておいて、別のポイントも見ておきたいので移動することに。

 一気に「馬の首」を通過して「金山」まで移動。
神社の鳥居にあるスタンプで釣っていくとアタリがあるけどノラない。明らか極小サイズのバス。何度かバイトがありやっとノッたサカナはやはりスモールサイズ。こりゃまいった。

 結局、この日は2本で終了。前回と同じくプラで何も掴めないまま。っていうわけで明日に続きます。
明日のことを考えると頭痛い。


昨夜、眠るまで「明日はどこに入るか?」と悩んでいましたが、
朝目覚めると「今日は双子島付近に入ろう」と考えは決定。

 この日の桧原湖は朝から凄い霧!全然見えないので怖いんですけど。早稲沢到着後、ミーティングでフライト順は今回は「赤」から。

 トーナメントがスタートすると予想に反して南に向かうボートの方が多かったです。戦前の予想だとこの時期の定番の「早稲沢フラット」か「月島」の北側に入るボートが多いと思っていたのに。
自分はバスボの引き波に木の葉のように翻弄されながら「双子島」まで急ぐ。幸いにも「双子島」には一般の釣り客しか入っていなかった。ラッキー!って本当にラッキーなのか?

 まずは手堅くハンプで釣り、その後シャローって作戦でハンプをダウンショットで撃っていきます。
ベイトは盛んに入ってくるのでいい感じっぽいけど1時間経過してもノー感じ。エコスワンプのネコリグや4”エコグラブのキャロでローテーションしますが全くのノーバイト。ここで約2時間粘るがノンキー1本のみ・・・。


 やはり作戦ミス!?時間は刻々と過ぎていく・・・。焦る。
午前10時頃になると西風が吹き始めてきたので時合だと思い、ライトリグからDEEP-X 200T(M STARDUST-SHAD OB)をリグったCYCLONE EVOLUTIONをにチェンジ。
風の当たる島周りを撃っていくと、すぐに答えが出ました。
プリプリに太ったラージが岩陰から飛び出てきました。ナイスファイトしてくれたラージは約840g。同サイズがあと2本!いやあと1本獲れれば上位に入れるんですが、無理っすか?!

 さらにシャローをDEEP-X 200Tで撃っていくとチョロ沢の付近にキーパーはあるラージがボーッと浮いています。
クランクを目の前に通すが無反応。エコスワンプを目の前に落としたり背後から通してもダメ。
そのうち西風が強くなり水面が波立ってしまい、このラージを見失ってしまった・・・。

 「このままここで粘ろうか?それとも移動するか?」考えた抜いた結果、「こたかもりフラット」に移動することに。「こたかもりフラット」に移動するとN藤プロがいたので状況を聞くと、どうもサイズが伸びないらしい・・・。
30分ほど釣りをするするが西風がさらに強くなりアルミではスティするのも厳しいので、残り時間を会場に近い「早稲沢フラット」に移動することにしました。


早稲沢の4m〜6mのフラットには盛んにベイトが入ってきて「コンコン!」というバイトはあるけど全然ノラない。こういう時はどうやったらいいのか?引き出しが少ないので悩みます。そうこうしているうちに帰着時間が迫り会場までクランクを投げながらエレキで移動。結局、今回も1本。順位は「どうなんだろう?」みたいな51位。上位の人も団子状態で今回は全体的にウェイトも伸びなかったようです。

 毎度毎度、1つのことをやり通せない自分が歯痒いやら悔しいやら。どうせ釣れないならあのまま「双子島」にいるべきであったと後悔。今回もまたまた勉強になりました。最終こそ頑張ります!写真でサカナが横になってますが水が少ないだけで元気に湖に帰って行きましたw

リミットメイク完了の青木プロ
上武プロ
早川プロ
To be continued...

★お知らせ


○毎週水曜日は定休日とさせて頂いております。商品の出荷、発送メールは翌木曜日になります。ご迷惑をお掛けいたしますが何卒ご了承下さるよう、よろしくお願いいたします。